パッド

心肺停止状態に陥った体に電気ショックを与えて、機能の復活を試みるのがAEDを用いた救命救急です。
このような救命器具は、現在学校や公的機関、娯楽施設など幅広い所に設置されています。
こうした救命器具を何かと動転しやすい緊急時に使用する場合には、やはり常日頃の心がけが物を言うのです。
AEDには自動スイッチやアナウンスなど使用を容易にする様々な機能が搭載されています。
ですが、慌てて使用した場合にはこうした基本的なことを失念してしまうこともあり得るのです。
電気という性質上、使用に際しては一定の注意も必要になります。
ですので、現在では日頃からこうしたAEDの使い方を一通りマスターしておくことが社会的にも望ましいとされるのです。

AEDという新しい救命器具が普及したことによって、社会も一定の対応を迫られました。
この救命器具は、誰でも使用が可能となっていることから、正しい使い方を啓発していくことが現在求められているのです。
そのため、最近ではあらゆる所でこのAEDの使い方が紹介されています。
消防庁などのホームページを始めとして警察や医療機関など、ほとんどの公的機関では何らかの形でこのAEDの使用法を公開しているのです。
救命器具を製造販売している医療器具メーカーでも、こうした器具の使用法を詳細に紹介しています。
画像によるガイダンスなども随時設けられており、より実際のイメージが湧きやすい工夫がなされているのです。
テレビ番組でもこうした救命器具の使用法を紹介することがあります。