軽量

最近、いろいろなところで目にするようになっているのが救命器具のAEDです。以前テレビなどでも紹介されることがあったので、多くの人がAEDという言葉を知っていることでしょう。
それに実際、近くにAEDがあったおかげで命が救われたケースも出ています。今まで助からなかった命が、助かったといっても過言ではありません。
心肺停止をした場合、すぐに蘇生をしないと効果が出なくなるのです。しかも一分単位です。
一分一秒でも早く蘇生することで、助かる命が増えるのです。公共施設なら多くの場所においてあります。
誰でも取り出し、使えるようになっています。しかしまったく無知の状態で、素人が使えるのかどうか不安なことがあります。
説明どおりあわてなければ大丈夫です。

AEDは心臓に電気ショックを与えます。素人がそんなことをしてもいいのかということを考える人も多いのではないでしょうか。
怖くて自分では無理と感じたり、かかわりたくないと感じることもあることでしょう。しかし逃げてはだめです。
誰でもAEDを使えば、助けることができるのです。説明どおりに装着すれば、あとは機械に任せるだけでいいのです。
周囲の人に協力を求めて、必ず行動を起こしてください。また近くになければ、心肺蘇生法があります。
心臓マッサージをして人工呼吸をするのです。講習を受けたことのある人は、行うようにしてください。
倒れている人を見たら、呼びかけて意識を確認して、呼吸や脈拍をみてください。なければすぐに119に連絡をしてください。