コンパクト

AEDとは、自動体外式除細動器の略称です。
救命器具の一種で、心室細動を起こした人に使用する事で、状態の改善をする器具になります。
現在では空港やホテル等の公共施設等に設置されていて、必要な場合には誰でも使う事が出来るようになっています。
以前の除細動器は、医師が使用する事が想定されていたため、手動式が一般的でした。
しかし心室細動が起きた場合には、速やかに状態の改善を行なう事が重要なポイントになります。
つまり、救急車が現場に到着してから除細動器を使うよりも、その現場にいる人が除細動器を使って救命を行なったほうが、明らかに救命率が高くなるのです。
そこで、医学知識等がない一般の人でも使えるような、自動式が普及するようになってきたのです。

AEDを実際に使うとなると、躊躇してしまうケースも少なくないです。使い方が難しいのではないか、使い方を誤ったら更に状況を悪化させてしまうのではないか等の心配が頭をよぎるからです。
しかし、AEDの使用方法はとても簡単です。AEDはケースを開けると自動音声で使い方を指示してくれます。
その指示内容もシンプルなものなので、まず間違える事はないです。指示通りに患者に取り付ければ、後の判断や処置はAED自身が行なってくれます。
ただし、この時に一つだけ重要なポイントがあります。それはAEDで電気ショックが行なわれたら、その後に心臓マッサージと人工呼吸を行なうという事です。
なぜなら、この器具の働きは心臓の細動を抑えるだけだからです。つまり、電気ショックを与えた後の心臓は動いていないのです。そのため、即座に心臓マッサージと人工呼吸を行なう必要があります。